dPMRホワイトペーパー
dPMRはdPMR約協会リファレンスのPDF文書を覚書。ダウンロード>>

dPMRは、特に低コスト、複雑さの技術を使用して高機能なソリューションをターゲットとするデジタル無線プロトコルです。


dPMRは、音声および/またはデータのアプリケーションの多くの形態を提供する100%デジタルですナローバンド(6,25 kHzの)FDMA技術です。詳細>>


dpmr-industry
 

Previous
Next

dPMR協会のウェブサイトへようこそ。

dPMRはデジタル無線の技術であり、低コスト、低複雑化の技術を利用して、高度な通信ソリューションを実現させるものです。dPMR™は多彩な音声及びデータアプリが利用可能な超ナローバンド(チャネル幅 6.25kHz) FDMA 100%デジタル技術です。ETSI (欧州電気通信標準化機構)技術規格であるTS102 490及びTS102 658にあるFDMAデジタルプロトコルは6.25kHzチャネルでの利用に対する欧州標準規格のEN301 166-2にも適合しています。

dPMRはいくつかのレベルで構成されています。

dPMR446 (Tier 1)
dPMR446は、免許不要の仕様であり、基地局なしの1対1低出力の規格です。利用周波数帯は446MHzです。このプロトコルはETSI規格TS102 490です。日本の「特定小電力」仕様に相当します。

dPMR Tier 2 Mode 1

dPMR Tier 2 Mode1は、通常免許のいる1対1の高出力(例:携帯機 5W、車載機 25W)仕様の規格です。このプロトコルはETSI規格TS102 658です。日本の「一般業務用無線」仕様に相当します。

dPMR Tier 2 Mode 2
dPMR Tier 2 Mode2は、基地局及びリピーターの中継器を利用する仕様です。ゲートウェー(電話やIP)のインターフェース仕様も含まれており、広範囲の通信が可能なものとなっています。これもETSI TS102 658に含まれています。

dPMR Tier 2 Mode 3

dPMR Tier 2 Mode3は、Mode 2の延長で、完全なマルチサイトトランキングやネットワーキングを含む仕様です。広範囲及び多数のユーザーが利用できる高度なシステムの構築が可能です。
dPMR MoUは複数の無線機業界関係企業により結成されているグループです。ETSIと連携を取りながら、規格内容の維持や変更提案、互換性テストの規格化・認証・実施、商標登録及び管理等が活動の中心です。

 

MEMBERS - dPMR協会

dPMRている欧州のETSI規格にもかかわらず、私たちのメンバーシップは、世界中のほぼすべてのコーナーから派生しています。これらのメンバーはまた、無線通信業界の主要なプレーヤーですので、自信を持ってこの新技術の継続的な成功が期待できます。
dPMRはどのメーカーに開放Associationis、サプライヤー、ユーザーグループ、管理、また狭帯域FDMA技術を促進するための私達の目的を共有する実験室など。そのようなグループは事実上わずか1年の存在の大きさで倍増している関心となっています。メンバーセクション

dPMRとは何ですか?

dPMRは、特に低コスト、複雑さの技術を使用して高機能なソリューションをターゲットとするデジタル無線プロトコルです。 dPMRは、音声および/またはデータのアプリケーションの多くの形態を提供する100%デジタルですナローバンド(6,25 kHzの)FDMA技術です。
TS102490およびTS102658 ETSIの両方の規格で指定されたFDMAプロトコルは、6,25 kHzのチャネルで使用するために、欧州調和規格EN301166から2に準拠しています。

dPMRはETSIの標準です...なぜこれが重要なのでしょうか?
ETSI規格がいる"繰り返しの使用を必要とする製品やプロセスの定義と仕様"として一般的に記述することができます。彼らは確かに品質を確保するためのルールのセットです。

 

Previous
Next

dPMR FAQ'S

Q1:"ナローバンド"本当にどういう意味ですか?
A1:これはおそらく何かの前に明らかにすべき。現在の形で狭帯域、物事を簡単にするためには、双方向のPMR/ LMR無線通信のための12.5 kHzのチャネルの使用を参照することになります。 6.25 kHzの技術が存在するため、しかし、、これらは"超狭帯域"または"非常に狭帯域"と見なされる。

ここではすべてのFAQをクリックして参照してください>>

私どものメンバー

dPMRている欧州のETSI規格にもかかわらず、私たちのメンバーシップは、世界中のほぼすべてのコーナーから派生しています。これらのメンバーはまた、無線通信業界の主要なプレーヤーですので、自信を持ってこの新技術の継続的な成功が期待できます。
dPMR協会はどのメーカーに開いている、サプライヤー、ユーザーグループ、管理、また狭帯域FDMA技術を促進するための私達の目的を共有する実験室など。そのようなグループは事実上わずか1年の存在の大きさで倍増している関心となっています。メンバーセクション


最新ニュース

2011年11月
覚書dPMRは、メンバーがdPMR協会に覚書dPMRからその名前を変更することに同意したことを発表できることを誇りに思っています。
名前の変更は、長年にわたりその会員基盤の成長を反映している。

このグループは、新しい、非常に狭い帯域とデジタル6.25kHz FDMAベースの無線技術をサポートすることを望んだすべての利害関係者のためのフォーラムを提供するために、2007年に設立されました。グループは現在、システム開発〜14ラジオメーカーに至るまでのメンバー、、チップメーカ、プロトコルおよびソフトウェア開発者が含まれています。すべてのこれらのメンバーは非常に狭い帯域6.25kHz FDMAベースの技術の成功を確保するために一緒に働くという共通の目的を表明している。より多くのニュース>>

 

狭帯域技術に関するdPMR™協会FAQ
Download Document Here >>